金利が低いカードローンを比較!

カードローン選びは電話対応が決め手になりました。

 

金利が低いカードローンを比較!

カードローンを利用するなら、金利が安いということはもちろん、サポート体制の整っている信頼できるところを選びたいと思っていました。最近になって急な出費があり、まとまったお金をどうしても用意できなくて、カードローンを利用することにしました。大手で有名な銀行系のカードローンを選んだのですが、それでもやっぱり色々な不安はありました。

 

審査に通ることができるのか、すぐに現金を手にすることができるのか、返済は滞りなくできるのかなど、様々な不安な要素があったため、サポートセンターに電話をして一つ一つ質問しました。電話の対応はとても誠実で分かりやすく、ここなら安心して申し込むことができると思えるカードローン業者でした。いくらホームページで説明されていても、やっぱり実際に質問をしてみなければ分からないことってあるものですね。電話での対応の良さが、この業者を選んだ決め手となりました。

 

カードローンを利用する前に、電話で直接問い合わせをしてその対応の良し悪しをチェックすることも、カードローンを選ぶかなり重要なポイントだと思います。なにかトラブルがあった時のことも考えて、サポート体制の整ったところを選んでおけば、安心感を得ることができますね。

大人

カードローンに助けてもらいました

 

金利が低いカードローンを比較!

私は1度だけカードローンを使用したことがあります。母親が急に入院し、すぐにでも田舎に帰らなくてはならなくなりました。会社勤めを始めたばかりで、貯金もなく、そしてお給料日1週間前だったこともあり、情けないことにお財布には数千円しか入っていませんでした。寮の友達も同じ会社の子たちなので、お給料日までお金はないのは一緒です。落ち着いて考えたら、タクシーで病院まで行き、父や兄にタクシー代を出してもらえばよかったのですが、気が動転していて、お金がないとタクシーには乗れないと思ってしまいました。よくよく考えたら、タクシー代はカード払いもできたのに、タクシーを使わない私は現金がないとダメだ!と思い込んでいました。

 

クレジットカードでキャッシングができることを知らなかった私は、もう絶望的だ…と思いました。翌日にならないと、母が待つ病院には行けない…と半泣きになっていたところ、寮の友達が「クレジットカードでお金借りられるよ」と教えてくれました。コンビニでキャッシングしたときは、本当に借りられるのだろうかとドキドキしましたが、無事にお金が出てきたときには、これで母の所に行けると思い、本当に嬉しかったです。

 

いざ現金が必要というときは、カードローンは本当に便利です。事情があるにしても、友達や同僚、先輩にお金を借りることはしたくないですし、逆に自分がお金を貸してと頼まれても困ります。今までのよい関係が、お金の貸し借りで、微妙な関係になってしまうのは嫌なので、カードローンで借りられて、本当によかったと思います。